FC2ブログ
2015.03.24 17:32|未分類
3月といえば「桃の節句」ですね。

昔は、奇数の数字が重なる月には良くないことが起きると考えられていたという説があったそうです。
その良くない日というのは、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日などであり、
それに対する邪気払いの意味を込めて、宴会をするようになったといいます。
また中国では古くから、桃の木には体の中の悪いものを取り除く力があると考えられていました。
桃に対するそうした考え方が日本に伝わってきて、ひな祭りのときに桃が使われるようになったということです。

さて、ここデイケア北条では、3月の行事の前半部分として、季節の変わり目であるこの時期に、宴会とまではいかないものの、利用者様やスタッフ一同、皆で大笑いして、邪気払いをしようと考えました。

邪気の象徴である鬼を退治するという「桃太郎」を今年も劇団デイケア北条が個性豊かに、一生懸命演じさせて頂きました。

桃太郎が成長するまでは紙芝居仕立てでストーリーは進みます。
その後、、、

ももたろう参上!

桃太郎参上

きじ登場!

きじ

鬼が島発見!
鬼が島発見

参加型の演劇スタイルなので、利用者様も“伝説の村人役”として一緒に鬼退治!
ちなみに持っているのは、なぜか桃太郎の友人の、金太郎くんのまさかりです。

利用者さんが退治

途中、桃太郎軍団が、鬼が島ではなくジャスコへ行くと言い出したり、観客である利用者様も巻き込んで、アドリブ三昧で、ワイワイ楽しい時間を過ごせました。利用者様からは、「お腹が痛くなるほど笑い転げた」とか、「脚本や衣装や小道具の準備は大変でしょうに、よくやりますね」といったねぎらいのお言葉も聞かれました。ありがたいですね。

なお、個人情報を配慮しており、演劇中の衣装や表情など多くの写真が全て掲載できないのが残念です、、、

さて、3月行事の後半部分は、「春の壁飾り」作りをしました。

壁飾り作業①

春をイメージして頂きながら、半紙をアクリル絵の具で染め、それを台紙に貼ってから、好きな色の花を飾りつけていきました。

壁飾り作業②

リボンを通して、完成するとこんな感じです。

壁飾り完成品

皆さんの完成品を一時的に壁に飾らせていただき、他の曜日の利用者様などにも見ていただけるようにしました。

壁飾り

東京も開花宣言が出ましたし、もう春はすぐそこですね。

スポンサーサイト
02 | 2015/03 | 04
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

デイケア北条スタッフ

Author:デイケア北条スタッフ
千葉県館山市にあるデイケア北条です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR